観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

泊まって巡って買って楽しもう 碧南市で10月末まで「#へきなんとりっぷスタンプラリー」/愛知

愛知県碧南市では10月31日まで、市内周遊を楽しんでもらおうと「#へきなんとりっぷスタンプラリー」を実施している。宿泊、観光施設、お土産の購入など碧南観光を満喫しながら抽選で特産品も当たるというダブルで楽しい企画だ。

スタンプラリーは、愛知県が新型コロナウイルス感染拡大からの地域経済回復へ設定した観光誘客地域活動事業を活用したもので、碧南市観光協会が企画。

ラリーは、まず参画施設で専用台紙を入手。市内宿泊での「宿泊スタンプ」、 市内観光スポット訪問での「観光スタンプ」、 500円以上のお土産購入での「おみやげスタンプ」の3種類から、2つ以上のスタンプを集める。専用台紙に必要事項を記入し、参画施設に提出するか郵送すると、抽選で碧南の特産品などが当たる。

景品は、1等が市内で製造された、肉を美味しく焼くための「おもいのフライパン」を3本、2等がみりんや白だし、えびせんべいなど特産品詰め合わせを15本、3等がしらすなどの特産品を50本用意している。

応募期限は11月5日まで。

参画施設は全20軒。宿泊施設が4軒、観光施設が7軒、お土産施設が9軒となっている。

碧南海浜水族館

参画施設のひとつ、碧南海浜水族館

スタンプラリーは9月ごろから第2弾、10月ごろから第3弾の実施を予定している。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ