観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

群馬DC、4―6月に開催 旅行者ファーストで多彩な体験企画

20/02/26

群馬県やJRグループは4月1日―6月30日の3カ月間、大型観光キャンペーン「群馬デスティネーションキャンペーン(DC)」を展開する。2011年以来9年ぶり5回目となる群馬での今回のDCのテーマは、「心にググっとぐんま わくわく 体験 新発見」。県内各地の観光の魅力を定番のものから掘り起こした新しい素材まで幅広く用意。多彩な体験企画で期間中1775万人の観光入込を目指す。

今回、心がけるのは「旅行者ファースト」。HPやSNSを駆使するほか、デジタルガイドブックの配信などで手軽な観光情報の取得を強化。SNSを使った「#(ハッシュタグ)」キャンペーンの展開などで旅行者からの口コミも促す。

また、東京オリンピック・パラリンピックの開催を目前に控え、インバウンド向けのPRも強化。NEXCO東日本やレンタカー事業者、県内の大学と連携して交通面での利便性も図る。

体験企画は、5つのテーマで「楽しみ方」を提案。安中市では信越本線新線横川―軽井沢間の廃線跡を歩くウオーキングイベントを期間中にわたって、館林市では「つつじまつり100人大花見茶会」と題して、1721年に開かれたという最古の花見を4月29日に再現するなど、新たな企画を並べる。

安中市廃線ウォーク

安中市での廃線ウォーク

「特別な群馬の旅」はDC限定の旅行プランをオンライン旅行予約サイトと連携して販売。上州和牛や上州地鶏など県内の食材を使った料理や、地酒などを味わえるプラン、朝・夜の観光企画などを用意して宿泊の楽しみを提案する。

そのほか、旅行プラン作成サイト「PLAT」による「ぐんま旅プランコンテスト」、約6万4千人が登録する「ぐんまウェルカムサポーターズ」による県内の旅館ホテルや観光施設などでのおもてなし、臨時列車の運行で鉄道の旅をアピールすなど、様々な施策を実施する。

群馬DC特設サイトはhttps://gunma-dc.net/dc

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ