観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

港町風情を花々で彩る 「ガーデンネックレス横浜」、3月28日に開幕/神奈川

20/03/27

※新型コロナウイルス感染拡大防止と緊急事態宣言を受け、4月8日―5月6日は開催中止に。(4月9日)

横浜市は3月28日―6月7日、まちを季節の花々で彩る「ガーデンネックレス横浜2020」を開く。市民や企業と連携して、花に包まれた港町横浜の魅力を内外に発信する。

「ガーデンネックレス横浜」は、2017年に開かれた「全国都市緑化よこはまフェア」を成果を継承したもので、今年で4年目。国の「ガーデンツーリズム登録制度」にも認定されているイベントだ。

サクラやチューリップといった春を代表する花々に加え、市花であるバラをテーマフラワーに設定。 都心臨海部の「みなとエリア」と、よこはま動物園ズーラシア隣接の「里山ガーデン」をメーン会場に、市内 18区と連携して花によるイベントを展開する。

ガーデンネックレス横浜

横浜のまちが花々で包まれる

みなとエリアは山下公園や港の見える丘公園、日本大通り、横浜公園などが会場。さくら通りのソメイヨシノ、山下公園のシダレザクラのほか、元町公園での異国情緒とサクラのコラボなどが見どころ。チューリップは市民が植えた14万本が咲く横浜公園をはじめ計30万本がエリアを彩る。バラは港の見える丘公園や山下公園に加え、リニューアルした山手イタリア山庭園が必見。

里山ガーデンでは、市内最大級の1万平方メートル、9割を市内産の花が占める大花壇が見どころ。

そのほか、5月3日からの「横浜ローズウィーク」をはじめ全市で様々なイベントが催される。

なお、新型コロナウィルスへの対応については、基本的に屋外開催のため、予定通り開催の見通しだが、状況に応じて内容の変更もあるという。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ