観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

世界遺産・富岡製糸場の魅力発信 群馬県立世界遺産センター「セカイト」、コロナでオープン延期も新学習施設に期待

20/04/03

群馬県富岡市に群馬県立世界遺産センター「世界を変える生糸(いと)の力」研究所がオープンする。3月27日にオープンを予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、オープンは先送りになったものの、開業後は世界遺産・富岡製糸場の価値や魅力を発信していく。

同センターの略称は「セカイト」。歴史的倉庫群「富岡倉庫」のひとつ、明治33年建造のレンガ造りの1号倉庫をリノベーションした。世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」について紹介するほか、地元を支えてきた絹産業や絹に関する歴史・文化を研究、情報を伝える。

群馬県立世界遺産センター

群馬県立世界遺産センター外観

エントランスには繭を素材に用いた芸術作品を展示。館内では大スクリーンで稼働していた同寺の製糸場の光景を高精細CGで再現したガイダンス映像を上映するほか、世界遺産を構成する富岡製糸場、田島弥平旧宅、高山社跡、荒船風穴といった資産、群馬県の絹産業や絹文化などについて紹介する。

開館時間は9―17時。観覧料は無料。

オープン日など詳細についてはhttps://worldheritage.pref.gunma.jp/で確認を。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ