観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

梅咲く夜の偕楽園から県観光の魅力を発信 茨城県、3月13日にオンラインイベント「#よる旅いばらき」

21/02/26

茨城県は3月13日、日本三名園のひとつ、水戸市の偕楽園でオンラインイベント「#よる旅いばらき」を開く。梅まつり開催中で夜間ライトアップのなか、県出身のタレント加藤里保菜さんが茨城観光の楽しみ方を紹介。アフターコロナの茨城旅につながるような魅力を発信する。

イベントは県の魅力発信事業の一環で、アーストラベル水戸が受託運営。加藤里保菜さんが茨城の魅力を語り、絶景の動画や特産品などの観光情報を発信する。360度の絶景を体験できる参加型コンテンツも配布する。同時開催中の「チームラボ 偕楽園 光の祭」の一部も中継。偕楽園の旬も楽しんでもらう。

時間は18時30分―19時30分の間で30―40分。参加費は無料。参加人数は50人で、県特産品セットも贈る。参加条件は首都圏在住の20―40代でYouTubeを利用できる環境、SNSアカウントを持っていること。応募は3月2日までにhttps://forms.gle/MQFQu8Zn4iJeiSaP9から。

よる旅いばらき

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ