観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

「地域との協働」アートで新しいまちづくり 日立市大みか町で8月11日から「星と海の芸術祭」/茨城

22/07/29

茨城県日立市では8月11日から、アートイベント「星と海の芸術祭」が開かれる。同市大みか町を中心に活動するおおみかアートプロジェクトが初開催。「地域との協働」をテーマに掲げ、作品をまちなかに展示。アートのある風景を作り上げる。8月28日まで。

同祭の全作品は、大みか町の工場や地域住民とアーティストが関わりながら制作。作品はJR大甕駅周辺に展示され、「まちでつくる、まちとつくる」をテーマに、アートを通して大みか町の星(歴史)や海(自然)、ものづくりを体験してもらう。学生を中心とする地域ボランティアがイベントを支え、一緒に芸術祭を作り上げ、アートによる新しいまちづくりの形をつくりあげようという意向だ。

日立市大みか町星と海の芸術祭

東弘一郎「無限車輪」

そのほか、久慈漁港での演劇パフォーマンスや、地域の職人や作家によるワークショップなどのプログラムも用意。作品をめぐるツアーや、作家がドローイングを施した自転車に乗れるレンタサイクルも。

詳しくはhttp://hitachi-omika.com/へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ