観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   九州・沖縄

歴史伝える雛人形を求めて 日田市で2月15日から「天領日田おひなまつり」/大分

24/01/22

大分県日田市では2月15日から、今年で41回目を迎える恒例の「天領日田おひなまつり」が開かれる。天領日田の春の風物詩を通して歴史風情を味わおう。3月31日まで。

江戸時代に天領として栄えた日田の旧家には、京や大阪で買い求めた絢爛豪華な雛人形や雛道具が今も残る。まつり期間中は、豆田町や隈町の旧家10数カ所や資料館で雛人形や雛道具を展示・公開する。往時の文化を伝える全国的にも珍しい雛人形から、庶民の間で親しまれた紙と布で作る「おきあげ雛」と呼ばれる人形など貴重な品々は必見。

期間中は流しびなやレンタル着物など市内各所で多彩なイベントも催される。

詳しくはhttps://oidehita.com/archives/58823へ。

天領日田おひなまつり

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ