観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ   >   鉄チャンあらしん

さよなら“シゴロク”-JR西日本SLラストラン(1) 記憶にも記録にも残る

SL北びわこ号で引退

シゴロク、ポニーの愛称で親しまれたJR西日本の蒸気機関車C56―160号機が5月27日のSL「北びわこ」号のけん引をもって、営業路線から引退しました。

ラストランは、多くのSLファンや家族連れを乗せて、いつものように北陸本線・米原―木ノ本間の湖北を走りました。木ノ本駅では滋賀県・長浜観光協会会長の岸本一郎さんが駆けつけ「1995年のSL北びわこ号運行開始からけん引してくれたポニー。引退は寂しいですね」と思い出を語ってくれました。

途中の坂田駅ではお気に入りの撮影地で「撮り鉄」。直線区間を快調に走るシゴロクに「お疲れさま!」と手を振って見送りました。

シゴロクは、JR西日本の営業路線で運行できるC57やD51に比べて車体の長さが短く重量も軽いことから、線区を選ばず運行できる万能機でした。山口線・新山口―津和野間のSL「やまぐち」号としても活躍したほか、名古屋市の第三セクターあおなみ線、今春廃線となった三江線でも運転されたことがあります。特に、イベント運行で瀬戸大橋を渡り、唯一「海の上を走ったSL」として記憶にも記録にも残るSLでした。

(次の記事)さよなら“シゴロク”-JR西日本SLラストラン(2) 滋賀湖北、山口で有終

(あらしん=鉄チャンジャーナリスト)

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ