観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ   >   トピックス

JR東日本、11月7日に新潟車両センターの見学会 新潟県・庄内アフターDC企画

JR東日本は11月7日、現在開催中の新潟県・庄内エリア アフターデスティネーションキャンペーンの特別企画として、新潟市の「新潟車両センター」の見学会を実施する。フリーエリア内の列車自由席が2日間乗り放題の「えちごツーデーパス」利用者限定で、在来線の車両基地で貴重な体験が味わえる。

新潟駅からE653系「しらゆき」編成の列車に乗って同センターへ。普段は乗車できない入出区線の乗車、車体の洗浄機の通過を体験できる。車両メンテナンススタッフの案内による検修庫での作業の実演、センター内の車両も見学できるなどファン垂涎の企画となっている。

新潟駅集合・解散で、集合は9時20分、13時20分解散と、13時10分集合、16時20分解散の2回実施。ネットから事前募集で、10月18日までhttps://www.jrniigata.co.jp/から申し込む。定員は各回100人で、応募多数の場合は抽選。小学生以上が対象で、小学生は保護者同伴が必要。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ