観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ   >   トピックス

JR東日本、11月7日に新潟車両センターの見学会 新潟県・庄内アフターDC企画

JR東日本は11月7日、現在開催中の新潟県・庄内エリア アフターデスティネーションキャンペーンの特別企画として、新潟市の「新潟車両センター」の見学会を実施する。フリーエリア内の列車自由席が2日間乗り放題の「えちごツーデーパス」利用者限定で、在来線の車両基地で貴重な体験が味わえる。

新潟駅からE653系「しらゆき」編成の列車に乗って同センターへ。普段は乗車できない入出区線の乗車、車体の洗浄機の通過を体験できる。車両メンテナンススタッフの案内による検修庫での作業の実演、センター内の車両も見学できるなどファン垂涎の企画となっている。

新潟駅集合・解散で、集合は9時20分、13時20分解散と、13時10分集合、16時20分解散の2回実施。ネットから事前募集で、10月18日までhttps://www.jrniigata.co.jp/から申し込む。定員は各回100人で、応募多数の場合は抽選。小学生以上が対象で、小学生は保護者同伴が必要。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ