観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

日本文化に触れる秋 沼津御用邸記念公園で「松籟の宴」/静岡

静岡県沼津市は11月3―15日、沼津御用邸記念公園で「松籟の宴2019」を開く。国名勝、皇室ゆかりの同園で日本文化、沼津の風土を体感できる様々なプログラムが催される。

イベントは今年で7回目。令和になって初めての開催となる今年は、雅楽師・東儀秀樹さんを迎えた改元を記念した特別公演を7日に開く。3日は、今年で49回目の「菊華展」、草月流による「竹のインスタレーション展」、箏曲の演奏、立礼式茶会、4日は庖丁儀式「令和の鯛」なども。

沼津御用邸記念公園

沼津御用邸記念公園

また、3―9日は夜間の御用邸ライトアップと西附属邸の特別開放、期間中は皇室ゆかりの所蔵品特別展示などもあり、日本文化と皇室についても触れられる。

時間は9時―16時30分。3、9日は17―19時に特別開放する。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ