観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

古川祭の空気感じて 飛騨古川まつり会館、6月1日にリニューアルオープン/岐阜

岐阜県飛騨市の飛騨古川まつり会館が6月1日、リニューアルオープンする。新型コロナウイルス感染拡大のためオープンを延期していたが、緊急事態宣言解除を受けて、この日に決定。市が誇る豪壮な祭事「古川祭」は今年は一般公開は中止となったが、リニューアルでいつでも祭りの空気感が体感できるようになる。

同館は同市運営。リニューアルでは、「息遣いが聴こえるまつり会館」をコンセプトに据え、同祭と地域の魅力をこれまで以上に肌で感じられるように展示を一新した。

館内には、飛騨古川の町並みのシンボル白壁土蔵街を再現。4K映像によるシアターや、同祭で実際に使われる屋台、からくり人形などの奉納芸を展示する。屋台の背後に掲げる絵や書を指す「見送り」の紹介では、元号「令和」を揮毫した地元古川町出身の書家・茂住菁邨さんによる揮毫も初披露する。

飛騨古川まつり会館

実際の屋台やシアターで古川祭を体感

加えて、同祭の文化である、親せきや知人を自宅でもてなす「呼び引き」を紹介するゾーンも設置するなど、同祭を通して地域の暮らし、文化も伝える。

古川祭は、毎年4月19、20日に開かれる気多若宮神社の例祭。御神輿行列、起し太鼓、屋台行列による時代絵巻が市街地で繰り広げられる。ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」のひとつ、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

同館HPはhttps://okosidaiko.com/

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ