観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

酒蔵訪ねて古い町並みをぶらり 高山で6月10日から「飛騨高山・酒蔵のん兵衛まつり」/岐阜

岐阜県高山市では6月10日から、地元の地酒の飲み比べが楽しめる「飛騨高山・酒蔵のん兵衛まつり」が開かれる。6軒の造り酒屋の味わいを求め、初夏の飛騨高山をぶらりと行こう。7月3日まで。

イベントは飛騨・高山観光コンベンション協会が開催。今年で3回目を迎える。「飛騨高山御酒飲帳」を購入すると、参加酒蔵でそれぞれ2種類の地酒の試飲が楽しめる。記念杯と、4合瓶3本が入る特製エコバッグも特典として付く。

平瀬酒造店、二木酒造、平田酒造場、老田酒造店、舩坂酒造店、原田酒造場の地元6酒蔵が参加。上一之町、上二之町、上三之町エリアでの古い町並み散策とあわせて楽しもう。

岐阜県高山市

高山の伝統景観も楽しんでぶらり

酒蔵受付で御酒飲帳を提示すると「酒蔵特大スタンプを押印。6軒制覇で記念品がもらえる。酒蔵で買い物をすると宿泊券や飛騨牛が当たる抽選への応募ができるなど楽しい企画も。

時間は10―12時と13―16時。

飛騨高山御酒飲帳は1冊3千円。参加酒蔵と高山濃飛バスセンターツアーデスク、中橋観光案内所で販売する。岐阜県以外の全国のローソン、ミニストップ、セブンイレブンで購入できる前売り販売は2700円。

詳しくはhttps://www.hida-nombe.jpへ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ