観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   旅行商品

野村萬斎さんが水上舞台で躍動 伊東で5月18日に「伊東祐親まつり」/静岡

19/03/01

静岡県伊東市では5月18日、毎年恒例の祭事「伊東祐親まつり」が開かれる。2月27日には、メーンイベント「水上薪能」の鑑賞券の予約受付をスタート。世界で唯一の水上舞台で、狂言師・野村萬斎さんが舞う。

同まつりは、平安時代末期に伊豆で権勢をふるった豪族・伊東祐親をまつるもので、毎年開かれている。

水上薪能は同まつりの目玉。松川の上に作られた水上舞台で毎年披露しており、今年で21回目を迎える。

舞台は同市指定の登録文化財である元旅館「東海館」を背景としており、幽玄の歴史ムードたっぷり。ここで伊東祐親の娘、八重姫と源頼朝の悲恋の物語を野村萬斎さんによる狂言で表現する。

演目は、野村萬斎さんらによる狂言「樋の酒」と、加藤眞悟さん、古室知也さんらによる能「小袖曽我」。

野村萬斎さん

「樋の酒」を披露する野村萬斎さん

鑑賞券の予約はホームページ(http://ito-hozonkai.org/)か、ファクス0557―36―7726で。

料金は東海館での軽食と演者の会話がつくSS席9500円、S席6千円など。

問い合わせは、伊東市文化財史蹟保存会 電話0557―36―7726へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ