観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介

「まるでマチュピチュ」1位は竹田城跡 「じゃらん」日本の“まるで海外”絶景ランキング

リクルートライフスタイルが7月15日に「『じゃらん』日本の“まるで海外”絶景ランキング」を発表した。1位は兵庫県朝来市の竹田城跡が選ばれた。その理由は、天空に浮かぶようにたつ山城の風景は「まるでマチュピチュのよう」。

1位の竹田城跡は、標高350メートル超にある山城跡。約400年前に造られた天然石の石垣など往時の威容が今も残る。向かいの立雲峡からはその全ぼうを一望。秋冬の雲海に浮かぶ“天空の城”としても有名だ。

竹田城跡

竹田城跡

2位は新潟県佐渡市の竜王洞。カヤックやモーターボートで中に入ることもできる洞窟で、太陽に光と海の青が神秘的な、まるで「青の洞窟」。

3位は香川県三豊市の父母ヶ浜。風のない干潮時の潮だまりが鏡のようになり、「日本のウユニ塩湖」として一躍人気に。

以下、4位=まるでピピ島―静岡県・ヒリゾ浜▽5位=まるでパイネ国立公園―青森県・仏ヶ浦▽6位=まるでハワイー宮崎県・日南海岸▽7位=まるでドーバーの白い崖―千葉県・屛風ケ浦、まるでトンガリロ国立公園―宮城県・御釜▽9位=まるでサハラ砂漠―鳥取県・鳥取砂丘▽10位=まるでアマルフィー和歌山県・雑賀崎。

ランキングは、全国の10―60代の男女2146人がインターネットを通じ画像選択方式で行ったアンケートの結果をまとめた。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ