観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介

与那覇前浜ビーチ(沖縄)、神の子池(北海道)、伊良部大橋(沖縄)が1位 トリップアドバイザー「人気の水辺ランキング」

世界最大級の旅行口コミサイト・トリップアドバイザーはこのほど、過去1年間の口コミから「日本人に人気の水辺ランキング2020」を選定、発表した。1位は「ビーチ」編が与那覇前浜ビーチ(沖縄県宮古島)、「湖沼・川・渓谷」編が神の子池(北海道清里町)、「橋」編が伊良部大橋(沖縄県)だった。

ビーチ編1位の与那覇前浜ビーチは、正面に来間島を臨む約7キロの砂浜が“東洋一の白い砂浜”と称されるほど。口コミではその美しさを評価する声が多かった。トップ10には沖縄県から6カ所もランクイン。2位には千里浜なぎさドライブウェイ(石川県羽咋市)が車でドライブできる砂浜として人気を集めた。

与那覇前浜ビーチ

与那覇前浜ビーチ

以下、3位がコンドイ浜(沖縄県竹富島)、4位が島武意海岸(北海道積丹町)、5位がハテの浜(沖縄県久米島)、6位が浄土ヶ浜(岩手県宮古市)、7位がニシ浜(沖縄県波照間島)、8位が稲佐浜(島根県出雲市)、9位が古宇利ビーチ(沖縄県古宇利島)、10位が渡口の浜(沖縄県伊良部島)。

湖沼・川・渓谷編1位の神の子池は、摩周湖の近隣に立地。透明で青に輝く神秘性が多くの旅行者の胸を打った。トップ10の特徴としてはやはり清澄さや“インスタ映え”するスポットが人気。

以下、2位が奥入瀬渓流(青森県十和田市)、3位が屈斜路湖(北海道弟子屈町)、4位が明神池(長野県松本市)、5位がみくりが池(富山県立山町)、6位が宍道湖(島根県松江市・出雲市)、7位が知床五湖(北海道斜里町)、8位が大正池(長野県松本市)、9位が河口湖(山梨県富士河口湖町)、10位が清津峡(新潟県十日町)。

橋編1位の伊良部大橋は、宮古島と伊良部島を結ぶ全長3540メートルの橋。デザイン性や海を渡る絶景など魅了されるポイントが多い。トップ10からは眺望に加えドライブやサイクリング、徒歩など橋の様々な楽しみ方が垣間見える。

以下、2位が古宇利大橋(沖縄県)、3位が池間大橋(沖縄県)、4位がタウシュベツ川橋梁(北海道)、5位が河童橋(長野県)、6位が角島大橋(山口県)、7位が来間大橋(沖縄県)、8位が明石海峡大橋(兵庫県)、9位が瀬戸大橋(岡山県・香川県)、10位が来島海峡大橋(愛媛県)。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ