観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介

来たるべき旅復活の時に向け 阪神国際港湾、フェリー6社参画で「#あえて船旅キャンペーン」

阪神国際港湾は2月28日まで、SNSへの投稿でご当地グルメや乗船券が当たる「#あえて船旅キャンペーン」を展開している。コロナ禍で利用が落ち込む神戸港と大阪港発着便を運航するフェリー会社を支援しようというもので、6社が参画。近々関西3府県でも緊急事態宣言が発令される見込みだが、アフターコロナの旅再開に向け、船旅の魅力を伝えていく。

キャンペーンには、四国開発フェリー(オレンジフェリー)、フェリーさんふらわあ、ジャンボフェリー、阪九フェリー、宮崎カーフェリー、名門大洋フェリーが参画。ツイッターとインスタグラムのキャンペーン公式アカウント(いずれも@aete_funatabi)をフォローし、「#あえて船旅」をつけて船旅の思い出や今後叶えたい船旅について写真や動画を添えて投稿すると、抽選で各社フェリーペア往復券が各社1人計6人に、各社の船長や社員おすすめの到着地のご当地グルメが合計で9人に当たる。

詳しくはhttps://www.hanshin-funatabi.jp/へ。

あえて船旅キャンペーン

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ