観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介

駅弁大将軍に「諏訪弁 ほいじゃねェ」(長野県) JR東日本「駅弁味の陣2020」

JR東日本は12月14日、管内の駅弁から人気トップを選ぶ「駅弁味の陣2020」で投票で最も評価の高かった「駅弁大将軍」に、いずみ(長野県)の「諏訪弁 ほいじゃねェ」が選ばれた。

「駅弁味の陣」は今回で9回目。1都4県から65品がエントリーされ、10月1日―11月30日、駅弁を買うと渡される専用応募ハガキから投票を受け付けていた。投票総数は前年を1千票程度上回る2万2319票。

「駅弁大将軍」の「諏訪弁 ほいじゃねェ」は、長野県諏訪地方の食材をふんだんに採り入れ、彩りよく盛り付けた一品。

諏訪弁 ほいじゃねェ

「諏訪弁 ほいじゃねェ」

総合2位の「駅弁副将軍」は、松廼家(栃木県)の「きざみ岩下の新生姜 きぶなカレー ブラックシーフード」。「味覚賞」には「三八弁当」(青森県)など各賞が選ばれた。

受賞駅弁を集めたアフターイベント「宴」も 2021年1月15日―2月14日に催される。

詳しくは公式サイト(https://www.ekiben-ajinojin.com)へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ