観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   中国・四国

安来市観光協会がフォトコンテスト 12月20日から募集/島根

17/12/15

島根県の安来市観光協会がフォトコンテスト「anguru」を実施する。12月20日から専用ホームページを開設し、市内の自然や歴史文化資源、暮らしの一場面などの作品を募る。戦場カメラマンとして著名な渡部陽一さんを特別審査員に迎え、賞金15万円のグランプリ作品などを表彰する。

コンテストは「あなたが見つけた安来を感じるアングル」をテーマに、尼子一族の居城だった月山富田城跡や精進料理で知られる清水寺、世界的な評価を得ている日本庭園がある足立美術館、安来節など歴史文化的な資源をはじめ、冬に白鳥が飛来する田園や中海などの自然、たたら製鉄の流れを汲む鍛冶屋や造り酒屋など、市内で「心がふるえた」写真すべてが対象。デジタルデータ・写真部門とインスタグラム部門を設けている。

デジタルデータ・写真部門は12月20日から2018年4月11日までが作品募集期間。フォトコンテストHPの応募フォームから投稿できるほか、撮影スポットなどを記入する規定の応募用紙とともにCDや写真を安来市観光協会に郵送する。渡部さんらによる審査を経て、グランプリ1人(賞状・賞金15万円)、準グランプリ2人(賞状・賞金3万円)、審査員特別賞1人(賞状・賞金1万円)を18年5月に発表する。

インスタグラム部門は12月20日から18年11月30日まで。12―3月を冬、4―5月を春、6―8月を夏、9―11月を秋期間とし、それぞれ10人に季節賞(クオカード3千円分)を贈る。インスタグラムの安来フォトコンテスト公式アカウントをフォローし、ハッシュタグ「#anguru2018」をコメントに記載し投稿する。何点投稿しても構わない。入選者にはダイレクトメールで連絡する。

安来市観光協会では「撮り子になるアングルがある」とし、市内への来訪とコンテストの応募を呼びかけている。

なお、専用HPはhttp://www.anguru.jp(公開は12月20日から)。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ