観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   中国・四国

桃やブドウ―旬の「果物時間」を 岡山県、7―10月に観光キャンペーン

18/05/31

岡山県は7―10月、観光キャンペーン「おかやま果物時間」を展開する5月18日に発表した。県の特産であるブドウや桃が旬を迎える期間に、その旨味を楽しめる企画を展開。観光誘客、滞在時間の延長につなげていく。主催は官民でつくる晴れの国おかやま観光キャンペーン推進協議会。

キャンペーンでは、県内の飲食店約150店舗でフルーツを使ったメニューを用意。このうち約100店舗では、旬の県産フルーツを使ったかき氷やパフェからパン、パスタまで幅広い新メニューを提供する。

また、2016年の岡山DCで好評だった桃狩りに加え、新たにブドウ狩りに出かける直行バスを運行する。桃狩りが7月7日―8月25日の毎週土曜、ブドウ狩りが9月2日―10月7日の毎週日曜日。

そのほか期間中、岡山の白桃をイメージした和紙とミラーボールによるアート作品を岡山後楽園西外園に展示。岡山市の「桃ジュースが出る蛇口」、総社市の「『鬼ノ城柿』柿狩り体験」など各地で果物がテーマの企画を実施する。

発表当日の5月18日には県の観光サイト「おかやま旅ネット」に特設ページを開設するなどPRを進める。キャンペーン初日の7月1日はJR岡山駅後楽園口駅前広場でオープニングイベントを開く。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ