観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

国宝ライトアップや勇壮な祭り 高岡の春を彩る祭事が目白押し/富山

富山県高岡市ではこの春、歴史に根差した多彩なイベント・祭事が開かれる。歴史情緒を体感する春の旅を楽しみたい。

国宝・瑞龍寺では4月29日―5月1日に「春のライトアップイベント」を開催。コロナ禍による休止を経て4年ぶりに再開。「音と光のファンタジー」と題して音楽とプロジェクションマッピングで伽藍を彩る。ライトアップで山門や仏殿、法堂が幻想的に輝く様子は必見。門前では門前市も。

瑞龍寺

夜の瑞龍寺を幻想的に彩る

高岡御車山祭は5月1日。高岡の金工や漆工などを施した桃山様式の7基の山車が町を巡行し、400年の伝統を体現する。同祭は国重要有形・無形民俗文化財の両方の指定を受け、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている。4月30日は宵祭とライトアップ。

伏木曳山祭「けんか山」は5月20日に開催。江戸時代後期から続く伏木神社の春季例大祭で、昼は花山車で町を練り歩き、夜は提灯に彩られた提灯山車で「かっちゃ」と呼ばれる山車同士の激しいぶつかり合いが行われる。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ