観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   中国・四国

「おき得乗船券」で隠岐復路フェリー無料に 今年は期間延長、夏休みも利用可能に/島根

20/07/08

島根県・隠岐観光協会は、毎年恒例の「おき得乗船券」を今年も設定する。隠岐での宿泊と観光体験の利用で本土への復路フェリーが無料に。今年は利用期間を7月20日―12月20日まで延長。夏休みから秋冬まで、隠岐への旅が便利に楽しめる。

例年秋のみの設定だったものが、昨年は5―7月にも設定。今年はより期間を拡大し、ウィズコロナ、アフターコロナの旅行需要拡大を図る。

「おき得乗船券」では、隠岐内の宿泊施設で1泊以上、1施設以上の観光体験の利用で、隠岐汽船の復路フェリーが無料になる。観光体験は国賀海岸やローソク島の遊覧船、ガイドツアー、シーカヤック、シュノーケリングなどのマリンレジャー、創作体験など60種超のメニューから選択できる。

おき得乗船券

「おき得乗船券」のチラシ

料金は大人3300円、子ども1650円。高速船利用は別途特急料金が必要。島根県民限定の「しまねプレミアム宿泊券」との併用も可能。

販売は1500枚限定。出発日の3日前までの事前予約が必要で、支払は乗船当日に隠岐汽船七類・境営業所で行う。予約は同社 電話08512―2―1122かウェブサイトで受け付ける。
なお、8月8―17日出発は除く。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ