観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   中国・四国

市内7航路乗船で島旅楽しんで 江田島市、11月から「航路スタンプラリー」/広島

20/10/22

広島県江田島市は11月1日から、市内7航路を利用して島旅を楽しんでもらう「乗って江田島航路スタンプラリー2020」を始める。周遊とあわせてスタンプ獲得で賞品が当たるチャンスも。来年2月末まで。

ラリーは、広島や呉などと江田島を結ぶ7航路が新型コロナウイルス感染拡大の影響で低迷を深めていることから、航路利用と観光誘客の促進で地域を元気にしようと企画。航路を運営する4事業者と連携して実施する。期間中は、江田島市広報大使を務めるアイドルグループSTU48の矢野帆夏さんが船内の特別アナウンスを務める。

江田島航路

江田島航路があなたを待つ

乗船でスタンプがもらえ、スタンプ数に応じて瀬戸内海汽船の「銀河」ランチクルーズや同市特産品のオリーブオイルのセットなどの賞品が抽選で当たる。

詳細は同市ホームページの当該ページ(https://www.city.etajima.hiroshima.jp/cms/articles/show/7632)へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ