観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   中国・四国

「明石寺と四国遍路」 愛媛県歴史文化博物館で2月11日から特別展

21/01/29

愛媛県西予市の愛媛県歴史文化博物館では2月11日から、特別展「明石寺と四国遍路」が開かれる。近隣の四国八十八箇所霊場第43番・明石寺の寺宝などを特別公開。九州からの四国遍路の拠点だった同寺の歴史に迫る。3月14日まで。

同寺蔵の室町時代に描かれた愛媛県指定有形文化財「絹本著色熊野曼荼羅図」のほか、寺外で初公開となる二十八部衆像と風神・雷神像(鎌倉時代)、観音経陰刻のある短刀(藤原国正銘)、境内の発掘出土品など貴重な文化財を公開する。

絹本著色熊野曼荼羅図

絹本著色熊野曼荼羅図(部分)
【愛媛県指定文化財】
室町時代(明石寺蔵)

また、近隣で出土した7世紀末の「蕨手刀」や四国遍路の関連資料の展示も展示。同寺と四国遍路の歴史を紹介する。

これにあわせ、期間中は2月20日から土曜に関連講座を開催。数珠風ブレスレットづくりやウオーキングなど体験イベントも開く。

時間は9時―17時30分。観覧料は高校生以上550円、小中学生・65歳以上280円。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ