観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

触れて食べて“未知の世界”へ 八景島シーパラダイスで「深海生物まつり」/神奈川

20/12/27

神奈川県横浜市の横浜・八景島シーパラダイスでは12月19日から、深海生物を特集した「深海生物まつり」が開かれている。謎めいた深海生物の世界を見る、触る、知る、味わうなど五感で体感できる。2021年4月4日まで。

同まつりでは、関東の水族館で最大級の50種500点以上の深海生物を展示。漁師の協力を得て小さなヤマトトックリウミグモから大きなタカアシガニまで幅広いラインナップで、希少な深海ザメ「ミツクリザメ」「ラブカ」が泳ぐ姿に出会うことも。

また、深海底引き網や刺し網で漁獲された大量の深海生物にさわるイベントや、タカアシガニとオオグソクムシを実際に食べることができるイベントを期間限定で開催。実際に触れたり、食べることで深海生物を身近で感じられるまたとない機会となる。

八景島シーパラダイス

勇気を出して実際に深海生物に触ってみよう

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ