観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

48の企画で薬草の魅力を発信 飛騨市で9月11日に「薬草フェスティバル」/岐阜

岐阜県飛騨市では9月11日、「飛騨市薬草フェスティバル2022」が開かれる。古川町市街地各所で薬草を多角度から楽しめる企画を用意。薬草のまち・飛騨の魅力に触れる1日を提案する。

同フェスは今年で9回目。市が展開する「薬草ビレッジ構想推進プロジェクト」の一環で、薬草の普及につなげる。

当日は、JR飛騨古川駅周辺で地元団体による「マイ野草茶づくり」「しぼり汁からつくる薬草塩」など薬草にまつわるワークショップ、フェス限定の「薬草アフタヌーンティー」などの薬草料理の提供、薬草苗の配布など薬草に関する48の企画が繰り広げられる。

また、市外の団体との交流にも力を入れ、養命酒製造による薬酒にも使われるクロモジの魅力を語る「薬草勉強会」、岐阜市の「ぎふコーラ」による飛騨の薬草を使った「薬草クラフトコーラづくり」のワークショップも開かれる。

フェス開催にあわせ、9月5―11日は「薬草週間」に設定。市内5カ所の日帰り入浴施設でモモの葉やドクダミの薬草湯を用意。薬草茶の試飲、薬草商品の販売や、飛騨市図書館では薬草染めの和紙を使った作品展示も実施する。9月11日は朝霧の森でのフィールドワークや香木クロモジを使ったクロモジ染ワークショップも開かれる。

詳しくはhttp://www.city-hida.jp/yakusou/event/2022fes.htmlへ。

飛騨市薬草フェスティバル

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ