観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   中国・四国

忍者になって城主を守れ 松江城で4月1日から歴史リアル謎解きゲーム/島根

21/03/23

島根県松江市の松江城では4月1日から、歴史リアル謎解きゲーム「謎の城in松江城『リアル・ニンジャ−潜入!松江城』が開かれる。城周辺に仕掛けられた謎の解明に挑戦しながら松江城の歴史を楽しく学べる。

ぶらっと松江観光案内所にてチケットを購入し、キットを受け取ってゲームスタート。松江城主・堀尾吉晴に仕える忍者となり、ストーリーに沿って広場や天守に仕掛けられた謎を解き、吉晴に巻物を渡す指令完了を目指す。史実に基づいた謎をヒントに、実際にあった出来事を学びながらゲームを通して城周辺の散策を楽しむ。制限時間もなく、合間に観光しながらの参加がおすすめだ。

参加料は1千円。別途松江城天守への入場料が必要。時間は8時30分−16時。ゲームの所要時間の目安は2−3時間。

詳しくはhttps://www.nazonoshiro.com/event/realninja/へ。

謎の城in松江城

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ