観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   中国・四国

神々の足跡たどる「海の出雲の旅」 出雲観光協会、観光タクシー「うさぎ号」を運行/島根

21/06/03

島根県出雲市の出雲観光協会は、市内周遊に便利な「出雲周遊観光タクシー『うさぎ号』」を運行している。感染対策を施したタクシーで少人数による密を避けた旅をウィズコロナ時代の旅のスタイルとして利用を呼びかけている。

コースは「森・海・郷・美・湯」をテーマとした9コース。 人気の「海の出雲―神々由縁の地を巡る」は、旧暦10月「神在月(かみありづき)」に神々が集う出雲の各神社と海の風景を楽しめるコースになっている。神在祭で神々が最後に立ち寄り、直会を催す「万九千神社」、神々を迎える 「稲佐の浜」、そして神々の会議の中心「出雲大社」、アマテラスとスサノオをまつる「日御碕神社」など、神々の足跡をたどる旅。海岸線の絶景が楽しめる大社日御碕線も走り、出雲の海の魅力も十分だ。

出雲大社神門通り

出雲大社神門通りをぶらり

同コースの所要時間は6時間。料金は4人利用で大人1万2千円から。

そのほか、「ご朱印の旅」や「出雲神話の旅」などのコースも用意している。

詳しくはhttps://www.izumo-kankou.gr.jp/11643へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ