観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   中国・四国

因幡・伯耆の戦国時代 鳥取県立博物館で11月7日まで企画展/鳥取

21/10/13

鳥取県立博物館(鳥取市)では10月9日、企画展 「とっとりの乱世―因幡・伯耆からみた戦国時代」 が始まった。古文書や武具など貴重な資料を通して、山名、尼子、毛利、織田が治めた今の鳥取県である因幡、伯耆国の乱世に迫る。11月7日まで。

「乱世のはじまりと因幡・伯耆」「乱世に翻弄される因幡・伯耆」「乱世を克服する因幡・伯耆(戦国末、尼子再興戦・毛利vs織田)「戦国期因幡・伯耆の文化・経済」「鳥取藩池田家・藩士たちの乱世」各章にわけて紹介。「鉄錆十二間筋兜」や「豊臣秀吉書状」「池田輝政画像」などの資料が並び、歴史ファンの知的好奇心をくすぐる内容になっている。

鉄錆十二間筋兜

鉄錆十二間筋兜
(吉川史料館所蔵)

そのほか、具足を着けたマネキンによる合戦の再現、県内の山城の紹介、山中鹿介をはじめ人気の地元武将のイラストなどのコンテンツも。期間中は歴史講座やシンポジウムも日曜を中心に開かれる。

観覧料は一般700円。

詳しくはhttps://www.pref.tottori.lg.jp/tottoriranse/へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ