観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   九州・沖縄

SDGs視点で環境を学ぶ 鹿児島市「かごしま環境未来館」が展示全面リニューアル/鹿児島

20/04/04

鹿児島市の「かごしま環境未来館」は3月20日、展示内容を一新してリニューアルオープンした。市が掲げる2050年までに二酸化炭素排出量実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティかごしま」の実現に向けてのもの。国連の持続可能な開発目標「SDGs」の視点で環境学習ができるようになった。

同館は、市民に環境についての啓蒙を図ろうと、2008年にオープン。以降、小中学生をはじめ市内外から来館者を集め、これまでに140万人が来館した。

リニューアルでは、「奇跡の星・地球」「地球はすでに、限界を超えている」「私たちができること」「来のために行動しよう」の4ゾーンで展示。様々な展示手法でゾーンのテーマを詳しく紹介、学びを深めてもらう。見て触れて楽しく学べる体験型展示や、最新の環境情報への柔軟な対応、鹿児島の生態系や桜島・錦江湾ジオパークの取り組みなど鹿児島の環境保全活動について、解説パネルやアイコン表示でSDGsについての視点を導入するなどを展示内容に用いた。

かごしま環境未来館

「奇跡の星・地球」ゾーンの
液晶パネルと床面展示

開館時間は9時30分―21時。日曜・祝日は18時まで。月曜休館。入館料は無料。

URLはhttps://www.kagoshima-miraikan.jp/

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ