観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

「なごやめし」食べてギフトを当てよう 愛知県や名古屋市がスタンプラリー

愛知県や名古屋市などでつくるなごやめし普及促進協議会は12月21日、全国に誇る地元の食文化「なごやめし」の魅力を発信しようと「なごやめしグルメスタンプラリー」を始めた。提供飲食店の利用を促し、コロナ禍からの打撃に苦しむ各店を支援する。2021年2月末まで。

県内の対象店舗を巡り、店舗に設置してあるQRコードをスマートフォンで読み取ってスタンプを獲得。10ポイント1口で応募すると、抽選で「なごやめし」ギフトが合計100人に当たる。A賞は7千円相当が10人、B賞は3千円相当が30人、C賞は1500円相当が60人。

対象店舗は現在91店。詳しくは特設サイトhttps://www.nagoya-info.jp/stamp/へ。

また、インスタグラムでなごやめしの写真を投稿するキャンペーンも実施している。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ