観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   中国・四国

夜間照明演出やイルカサンセット、ビアガーデン 四国水族館、夏休みは21時まで営業時間延長「Nightscapeこがねいろ」/香川

22/07/26

四国水族館(香川県宇多津町)では7月23日、今年も21時まで営業時間を延長した夜間営業イベント「Nightscapeこがねいろ」が始まった。夜ならではの照明による演出や夕暮れ時のイルカショー、ビアガーデンなど夜の楽しみを提供。ここだけの夏休みを提案する。

18時以降は館内水槽の照明を深いブルーへ変え、海の中を散歩しているような雰囲気を演出。瀬戸内海に沈む夕陽を背景に躍動するイルカたちの姿を眺められる「サンセットプログラム」は人気企画。「キッチンせとうち」では予約制のビアガーデンも実施。入館セット券も販売している。

四国水族館

「綿津見の景」の夜間照明イメージ

期間は8月28日まで。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ