観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   中国・四国

西日本豪雨から5年、明るい未来を光の幻想空間に描く 倉敷市で11月3日から「くらしき きらめきのみち」イルミネーション/岡山

23/10/31

岡山県倉敷市は11月3日から、JR倉敷駅周辺を彩る「くらしき きらめきのみち」イルミネーションを開く。約16万球ものLEDでまちを幻想的にライトアップ。冬の倉敷から明るい未来を描く。2024年2月14日まで。

今年は「標―しるべ―」をテーマに設定。西日本豪雨から約5年という節目を迎える倉敷市の未来に向け、メッセージを込めたイベントとして実施する。

倉敷みらい公園やあちてらす倉敷、倉敷駅北ペデストリアンデッキ、駅南デッキに約16万球のLEDを設置。倉敷のデニムや結婚式でも言われる幸せの色「サムシングブルー」からブルーを基調色とした演出を施す。あちてらす倉敷では倉敷市の花・藤のパープルを基調色にメインスポットの藤棚と真備の竹を使用した空間に。藤は、不死と不二の願いの象徴として倉敷の明るい未来への願いを込める。

期間中は、イルミネーションと音楽の融合による「光の音楽会」やワークショップ、インスタグラムフォトキャンペーンなどのイベントも開かれる。

くらしき きらめきのみち

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ