観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

木と遊び、木に学べ 池田町に屋内木育広場「あそびハウス こどもと森」オープン/福井

福井県池田町は町の面積の約92%が森林で、その資源を生かした地域活性化策を展開しており、幼児向け木育施設や森のテーマパークなどを有する「木望のまち」。6月19日には屋内木育広場「あそびハウス こどもと森」がオープンする。屋内でありながら多彩な遊びで森の魅力を伝えていく。

コンセプトは、子どもたちが森や木とつながる場所、自由に遊びを作り出す場所をつくり、豊かな森の魅力をまちづくりに生かすこと。広さ約400メートルで、木材をふんだんに使った空間に仕上げた。小学生をメインターゲットに、木でできたジャングルジムなどの「こどもの森アスレチック」やオリジナルの木のおもちゃが豊富な「組立おもちゃホール」、木工体験などが楽しめる「クラフトルーム」など子どもたちの創造性を育む遊びとプログラムを用意している。

こどもと森

「こどもの森アスレチック」

営業時間は9時30分―16時。オープン初日の19日は10時からのセレモニーに続き、正午からの営業となる。火曜、年末年始休館。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ