観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   北海道・東北

休暇村気仙沼大島、4月17日にリニューアルオープン/宮城

宮城県気仙沼市の休暇村気仙沼大島が4月17日、リニューアルオープンする。昨年夏の一部客室とロビーに続き、レストランや中庭、ラウンジなどの改装が完了。東北の島ならではの癒しを提供する。

「気仙沼の自然、食、文化を楽しめる」をコンセプトにリニューアル。三陸海岸を望むレストラン「海鮮浜焼きダイニング波音」では無煙ロースターテーブルで地元の海の幸を焼いて味わえるほか、ミニビュッフェでは気仙沼の郷土料理などが並ぶ。

また、暖炉のあるブックラウンジを新設したほか、オープンエアバルコニーや、中庭には縁側と暖炉も設け、寛ぎの空間を演出した。

客室は、プレミアム和洋室はロードバイクが持ち込めるなどサイクルツーリズムの拠点にも最適。バルコニー付き和洋室はバルコニーから海を望める。

昨年4月には本土とを結ぶ「気仙沼大島大橋」が架かり、今年度中には仙台市と青森県八戸市を結ぶ「復興道路(三陸沿岸道)」も全通予定。アクセスも至便になる。

気仙沼大島

気仙沼大島

宿泊料金はプレミアム和洋室が1万2千円からなど。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ