観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   北海道・東北

ネイキッドとコラボで冬のきらめき演出 函館市で21年1月4日から「はこだて光の万華鏡」/北海道

北海道函館市で2021年1月4日―3月31日、映像制作 ・空間演出を手掛けるネイキッドとコラボレーションしたライトアップイベント「ネイキッド はこだて光の万華鏡」が開かれる。世界三大夜景のひとつ・函館に光の幻想的な空間を創出。冬の函館ならではのきらめきをぜひ体感したい。

1月8日―3月27日に開かれる「はこだて週末冬花火」とのコラボで開催。石畳が美しい基坂では全期間、函館港や函館の町並みを見渡せる元町公園では2月5日―3月27日の金土曜・祝前日に実施する。

基坂では、「万華鏡の坂道」と題して、人の動きに合わせて影の色が変化するライトアップや、花火のプロジェクションマッピングを展開。元町公園では正面入口階段にはナイアガラ花火、公園内には星の瞬きをイメージした木々を彩るイルミネーション、旧北海道庁函館支庁庁舎ではプロジェクションマッピングを実施する。大階段下ではネイキッドの代表作・万華鏡の光をモチーフとしたデジタル花火「FIREWORKS BY NAKED」と、緑の島で打ちあがる「はこだて週末冬花火」のコラボが楽しめる。

はこだて光の万華鏡

大階段下の「光の万華鏡広場」

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ