観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   北海道・東北

志津川湾を漁業、風景、食でまるごと体感 南三陸ワイナリー、7月から「志津川湾R&Bクルーズ」/宮城

南三陸ワイナリー(宮城県南三陸町)は7月から、志津川湾の風景と地元の魚介類とワインを楽しむ「志津川湾R&Bクルーズ」を始める。「R&B」は漁師(R)と美食(B)の意。「リズムアンドブルース(R&B)のような心地よさと融合を志津川湾の食とワインで感じてほしい」という気持ちを込めた。

クルーズは地元漁師や企業、南三陸町観光協会として企画。リアス海岸でラムサール条約登録湿地でもある自然豊かかつ漁業が盛んな志津川湾を、漁船をリニューアルした小型クルーズ船で周遊。養殖漁場や作業の見学、志津川湾の旬の魚介と南三陸で醸造されたワインのマリアージュを体験するという、この地域をまるごと“味わう”企画だ。

志津川湾R&Bクルーズ

志津川湾をまるごと楽しもう

旅行会社のツアー企画にも対応し、観光誘客につなげる。

所要時間は11―13時の約2時間。料金は5千円。参加8人以上で開催する。

詳しくはhttps://www.msr-wine.com/へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ