観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   北海道・東北

りんごの「土壌」弘前ゆかりのアートを展示 弘前れんが倉庫美術館、9月18日から秋冬プログラム「りんご前線」開催/青森

弘前れんが倉庫美術館(青森県弘前市)は9月18日から、秋冬期の企画展プログラム「りんご前線 ― Hirosaki Encounters」を開く。りんごのテロワール(土壌)としての弘前に注目し、弘前ゆかりのアーティストの作品などを展示する。2022年1月30日まで。

企画展は、気象の変化・運動が起こる第一線である「前線」をキーワードに、弘前との出会いや異なる世界との交差、自らのルーツの発見といった様々な遭遇、対峙から生まれるエネルギーを考える。

ケリス・ウィン・エヴァンスさんは弘前でりんごに出会ったことから発想、制作した巨大なネオンの彫刻を、展示。弘前市の名誉市民である洋画家の佐野ぬいさん、弘前出身の斎藤麗さん、父親が弘前生まれという小林エリカさんなど弘前ゆかりのアーティスト5人が参加し、絵画や彫刻、ドローイング、映像、インスタレーションなどを煉瓦倉庫を改修した展示空間に展示する。

9月18日は小林エリカさんや斎藤麗さんらが参加してオープニングトークを開催。展覧会や作品について語る。

時間は9時―17時。火曜休館。観覧料は一般1300円、大学生・専門学校生1千円。

詳しくはhttps://www.hirosaki-moca.jp/exhibitions/hirosaki-encounters/へ。

弘前れんが倉庫美術館

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ