観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   九州・沖縄

九州国立博物館、7月28日から開館15周年記念展「しきしまの大和へ」開催/福岡

20/07/20

福岡県太宰府市の九州国立博物館は7月28日―12月20日、開館15周年を記念した特集展示「しきしまの大和へ―奈良大発掘」を開く。奈良県立橿原考古学研究所附属博物館の所蔵品から縄文―中世の出土資料を中心に展示し、 外来文化を受け入れながら文化を形成した日本を伝える。

展示は、縄文から王権成立までの「くにづくり前史」、大和王権の誕生と国内統一を紹介する「王権誕生と外来要素」、文化と技術で伸長した大和を伝える「国家形成と渡来文化」、大和が国家を形成した過程を紹介する「古代国家成立と外交」、都が京都に移ってからの大和の姿を伝える「しきしまの大和ごころ」の5章だてで行う。

土偶 観音寺本馬遺跡 縄文晩期 橿考研蔵

土偶 観音寺本馬遺跡 縄文晩期 橿考研蔵

開館時間は9時30分―17時。月曜、年末休。観覧料は一般700円、大学生350円。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ