観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

ばいきんまんの秘密基地 神戸アンパンマンこどもミュージアム、体験型施設をオープン/兵庫

18/03/26

神戸市中央区のテーマパーク「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」に3月16日、新施設「バイキンひみつ基地」がオープンした。アンパンマンのライバルキャラクター「ばいきんまん」をテーマにした体験型施設で、親子一緒に楽しめる内容を充実させた。

同施設は4月19日に開業5周年を迎えるにあたり、別館として仙台に続く2例目となる「バイキンひみつ基地」を新設してパワーアップ。科学者、いたずら好きという「ばいきんまん」のキャラクター性を生かした内容で、子どもたちが身体を使って遊べるのはもちろん、親子で「ばいきんまん」の世界を楽しめる体験型施設をうたう。

館内では、中央にばいきんまんが作った巨大ロボット「だだんだん」を配置。内部にマットを敷き、ロボット内部で遊べる空間を用意した。アニメでおなじみの「バイキンUFO」「ドキンUFO」では記念撮影ができ、「ぐにゃぐにゃのみち」「わんぱくスペース」といった身体を動かせて遊ぶコーナー、画面をのぞくとばいきんまんの仲間に変身して映る「コントロールパネル」など多彩なコンテンツが並ぶ。

バイキンひみつ基地

「だだんだん」の下で
子どもたちが遊べる

オープンを控えた同14日には報道陣に公開。家族連れも招待し、子どもたちは歓声を上げながら楽しんでいた。

入館料はミュージアムと共通で1800円。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ