観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

世界のパフォーマーと新喜劇がコラボ NGKで24日まで「舶来寄席」/大阪

18/06/19

大阪ミナミのなんばグランド花月では6月24日まで、「THE舶来寄席2018」公演を実施している。

舶来寄席は、世界で活躍するパフォーマーと期間限定の吉本新喜劇が同時に楽しめる人気の特別ステージで、今回で6回目の開催。新喜劇では座長の川畑泰史さんはじめ、日替わりですっちーさん、酒井藍さんやアキさんも登場する。

公開を前に、6月14日にはゲネプロが行われ、6組のパフォーマーが本番さながらに熱演。公演後のフォトセッションでは、名誉支配人の中田カウス・ボタンさんも登場し、カウスさんは「完ぺきに近いくらいの素晴らしいパフォーマンスを見せてもらいました」。パフォーマーを代表してマイク・マイケルズさんは「みなさんとこの公演を盛り上げたい」と話した。マイクさんは近未来ロボットマジシャンを演じる。

舶来寄席

舶来寄席出演者の皆さんら

また新喜劇の川畑さんは「女性パフォーマーがきれいで楽しみにしています。公演中の10日間でマジックの種とか覚えてみたい」、酒井さんは「ワクワクしました。川畑座長とアキさんに棒を持ってもらって、ロシアンバーのパフォーマーに挑戦したい 」と笑いを誘った。

料金は大人4700円。学生料金やリピーター割引などの設定もある。チケットよしもと 電話0570―550―100まで。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ