観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

日本唯一の有人の湖島・沖島で郷土の味づくりに挑戦 琵琶湖汽船、7月に「鮒ずし作り体験クルーズ」を運航/滋賀

23/05/22

琵琶湖汽船(滋賀県大津市)は7月、琵琶湖に浮かぶ沖島で「鮒ずし作り体験クルーズ」を運航する。滋賀県の郷土料理「鮒ずし」の漬け込みを体験し、琵琶湖の風土を伝える。5月31日まで参加者を募集している。

沖島は湖で人が暮らす日本唯一の島。9時に大津港を出港し、船内で鮒ずしの作り方を映像で学び、島内では沖島漁業協同組合の漁師の指導で塩漬けされた琵琶湖産ニゴロブナの鮒ずしづくりを体験する。できた鮒ずしはお土産に。

鮒ずし

珍味と名高い鮒ずし

同社が属する京阪グループではSDGsへの取り組み「BIOSTYLE」を展開しており、同クルーズも2009年にスタート。これまでに3千人以上が参加してきた人気企画だ。
運航日は7月5、8、11、14、17、20、23、25日。参加料は往復乗船料が大人3500円、小人1750円、材料費が1樽2万5千円、初参加時に必要な樽容器代が1樽1500円。希望者のみ昼食の島弁当1500円、樽保管料5500円。

参加は予約抽選制で5月31日までにウェブか往復ハガキで申し込む。詳しくはhttps://www.biwakokisen.co.jp/season_event/2426/へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ