観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   九州・沖縄

DMMかりゆし水族館、4月21日に開業/沖縄

20/03/01

沖縄県豊見城市にオープン予定の「DMMかりゆし水族館」の開業日が4月21日に決まった。沖縄本島の新しい観光名所として注目され、初年度は210万人の来館が見込まれている。

同館はDMM RESORTSが運営。同市の美らSUNビーチ隣接地に開業する大型商業施設「イーアス沖縄豊崎」1・2階の約6900平方メートルの広さで開発が進む。

内外装は沖縄をイメージした色合い・デザインが基調。「最新の映像表現と空間演出を駆使した新しいカタチのエンタテイメント水族館」をメーンテーマに、沖縄の海、常緑の森、亜熱帯気候の自然で生きる海洋生物などを映像・音響を組み合わせて紹介する。水槽は約60基、展示する生物は約190種、約5千点。

また、水槽展示に加え、最新の映像表現を用いたリアル海洋体験や、自然の美しさを表現した空間演出など趣向を凝らした空間となる予定だ。

DMMかりゆし水族館

館内のイメージ

営業時間は10―21時。無休。料金は大人2400円など。

公式サイトはhttps://kariyushi-aquarium.com

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ