観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

都心一望、特別展望台を一新 東京タワー、3月3日にリニューアルオープン

18/01/26

東京タワーは3月3日、休業していた高さ250メートルの特別展望台をリニューアルオープンする。2020年の東京オリンピックを前に、新たな内装と乗り継ぎフロアへのエスカレーターの設置などのアクセシビリティの向上、インターネットを通じた事前予約制で待ち時間を削減し、優雅に展望を楽しめる「トップデッキツアー」として発売する。料金は大人2800円、子ども1800円など。1月23日正午からウェブで予約を開始した。

今年、60周年を迎える東京タワー。開業以来2回目となる展望台の大型リニューアルのオープンは、東京タワーの高さ333メートルにちなんだ平成30年3月3日。リニューアルオープンに合わせ、従来の特別展望台をトップデッキ、高さ150メートルの大展望台をメインデッキと改称する。メインデッキの入場料は従来通りの大人900円、子ども500円など。

東京タワー

トップデッキの外観

エントランスにトップデッキツアー専用レーンを新設するほか、メインデッキとトップデッキを結ぶエレベーターをシースルーにするなどワクワク感を高める。訪日外客に楽しんでもらおうと、ウェブサイトやトップデッキ利用者に貸与する音声ガイド端末は13言語に対応する。

トップデッキツアーは事前予約制で15分ごとに、毎回100―160人程度、1日に最大で1500人程度を受け付ける。トップデッキでの滞在時間に制限はない。初年度の集客目標は46万人。20―50人は団体料金が適用され、予約は90日前から受け付ける。開業日の来場者には記念品をプレゼントする。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ