観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介

1位は世界自然遺産・屋久島(鹿児島県) じゃらん「雨の日も魅力的な絶景スポット」ランキング

リクルートが発行する旅行情報誌「じゃらん」は5月18日、「雨の日も魅力的な絶景スポットランキング」を発表した。1位は世界自然遺産登録の屋久島(鹿児島県)。上位には雨でも映える景観自慢のスポットがランクイン。これから迎える梅雨。雨の時期だからこそ出会える風景が心を癒してくれるはずだ。

1位の屋久島は広大な自然休養林が広がり、スギやツガなどの大木が知られたところ。白谷雲水峡の苔に覆われた森は雨が降ると苔の雫で美しい光景が目に飛び込む。

屋久島

緑輝く屋久島

2位は峡谷美に定評のある高千穂峡(宮崎県)。3位には自然ではなくまちの風情が雨に似合うひがし茶屋街(石川県)が入った。4位は梅雨の鮮やかなあじさいが楽しめる箱根登山鉄道あじさい電車(神奈川県)、5位は苔むす庭園が美しい寺院・三千院(京都府)。

以下、6位は奥入瀬渓流(青森県)、7位は軽井沢星野エリア ハルニレテラス(長野県)、8位は桃源郷岬(宮崎県)、9位は美人林(新潟県)と白米千枚田(石川県)。

調査は4月6―7日に実施。全国の20―50代1008人から回答を得た。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ