観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

相撲や芸能×着物―東京の伝統に親しもう 10月12―14日に富岡八幡宮で「Tokyo深川大縁日」/東京

19/09/25

東京都江東区・門前中町の富岡八幡宮で10月12―14日、「Tokyo深川大縁日」が開かれる。相撲や伝統芸能、着物、縁日といった東京の伝統文化、風土と現代感覚との融合に親しむ3日間になっている。

地元一体でつくる「大縁日」は、ステージイベントと体験イベントが2つの核。ステージでは「お相撲ステージ」で赤ちゃん泣き相撲や初っ切り、相撲甚句、わんぱく相撲、相撲体操が繰り広げられ、様々な角度から国技・相撲を楽しめる。

赤ちゃん泣き相撲

赤ちゃん泣き相撲

もうひとつのステージイベント「Tokyo Kimono Collection」は、伝統芸能と最新の着物ファッションがコラボしたショー。特設ステージのランウェイで深川おどりや石見神楽、阿波踊りなどの芸能が披露される。

体験は食をはじめ懐かしい日本の暮らし、風土に親しむ企画がずらり。お相撲さんが普段食べているちゃんこ飯だけに加え、地元の人気店の変わりダネちゃんこ、深川めしなどが味わえる「ちゃんこ飯&深川グルメ」ブースは注目の的だ。そのほかにも「アート縁日」「ちょうちん行列」「人力車」など様々な体験イベントが並ぶ。

時間は3日間とも11時スタート。終了は12、13日が20時、14日が17時。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ