観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

相撲や芸能×着物―東京の伝統に親しもう 10月12―14日に富岡八幡宮で「Tokyo深川大縁日」/東京

19/09/25

東京都江東区・門前中町の富岡八幡宮で10月12―14日、「Tokyo深川大縁日」が開かれる。相撲や伝統芸能、着物、縁日といった東京の伝統文化、風土と現代感覚との融合に親しむ3日間になっている。

地元一体でつくる「大縁日」は、ステージイベントと体験イベントが2つの核。ステージでは「お相撲ステージ」で赤ちゃん泣き相撲や初っ切り、相撲甚句、わんぱく相撲、相撲体操が繰り広げられ、様々な角度から国技・相撲を楽しめる。

赤ちゃん泣き相撲

赤ちゃん泣き相撲

もうひとつのステージイベント「Tokyo Kimono Collection」は、伝統芸能と最新の着物ファッションがコラボしたショー。特設ステージのランウェイで深川おどりや石見神楽、阿波踊りなどの芸能が披露される。

体験は食をはじめ懐かしい日本の暮らし、風土に親しむ企画がずらり。お相撲さんが普段食べているちゃんこ飯だけに加え、地元の人気店の変わりダネちゃんこ、深川めしなどが味わえる「ちゃんこ飯&深川グルメ」ブースは注目の的だ。そのほかにも「アート縁日」「ちょうちん行列」「人力車」など様々な体験イベントが並ぶ。

時間は3日間とも11時スタート。終了は12、13日が20時、14日が17時。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ