観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   九州・沖縄

奥八女焚火の森キャンプフィールドがオープン 豪雨災害受け一新、地域の魅力伝える/福岡

21/05/02

福岡県八女市の「きのこ村キャンプ場」は平成24年九州北部豪雨災害で大きな被害を受けたが、4月24日、「奥八女焚火の森キャンプフィールド」としてリニューアルオープンした。「キャンプを通じて木とふれあい木に学び、木でつながる場所」をテーマに、地域の自然を存分に味わえる時間を提供していく。

奥八女焚火の森キャンプフィールドはオートサイト18区画、4人用キャビン3棟、6人用コテージ2棟で構成。八女茶発祥の地という地域の魅力を味わってもらおうと「八女茶カフェ」も備えた。

奥八女焚火の森キャンプフィールド

「奥八女焚火の森キャンプフィールド」パース図

また、地元の豊かな自然を生かした体験メニューなどの木育事業や、地域産物を販売するマルシェの開催も予定。地域の魅力の発信拠点としての機能も担う。

宿泊料金はコテージが2万6400円から、キャビンが1万7600円から、AC電源付きオートサイトが5千円から、芝生フリーサイトが3千円から、林間サイトが1人1500円。

予約はhttps://www.takibinomori.comへ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ