観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

西下仁田温泉「荒船の湯」が10月上旬にリニューアルオープン 民営化で施設増強/群馬

20/08/02

群馬県下仁田町に10月上旬、西下仁田温泉「荒船の湯」がリニューアルオープンする。昨年9月の営業終了後、町営から民営へと転換。施設の改修やワーケーションへの対応など時代に合わせた魅力を採り入れ、再スタートを切る。

同施設は2006年にオープンして以降、登山やツーリング客などに親しまれてきたが、昨年9月に営業を終了。町の公募で選ばれた埼玉県深谷市の建築会社アーキテクトに営業が譲渡され、リニューアルオープンへとつながった。同社は、深谷市を含む群馬県南部までの周辺エリアは来年の大河ドラマの主人公、渋沢栄一ゆかりの地ということもあり、地域振興へ貢献しようと手を挙げたという。

リニューアルでは、打たせ湯や寝湯、露天風呂など新しい温泉浴槽を設けるほか、エントランスも一新。コワーキングスペースも新設し、ワーケーションにも対応した施設として生まれ変わる。地域、観光客いずれもの憩いの場として癒しの空間づくりを目指していく。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ