観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

市原ぞうの国が来春リニューアルオープン ゾウの住環境さらに整備、クラウドファンディングも/千葉

20/10/18

千葉県市原市の市原ぞうの国は2021年春、リニューアルオープンする。大規模リニューアルは開園以来初。ゾウの生活環境をさらに改善、今まで以上に楽しく遊ぶゾウたちが眺められるようになる。

ゾウ12頭とタイからきたゾウ使いが暮らす「日本一多くのゾウが暮らす動物園」という市原ぞうの国。リニューアルでは「動物が楽しく暮らせる環境づくり」という理念をさらに具現化させる。老朽化しているゾウ舎の新設、ゾウの運動場、ゾウの水遊び場の整備を進め、今まで以上にゾウを身近に感じてもらえる園を目指す。

市原ぞうの国

リニューアルのイメージ

その一環で10月27日にはゾウの水遊び場「エレファント スプラッシュ」整備をクラウドファンディングで進めるプロジェクトもスタート。出資者には「夜桜パーティ参加券」「ゾウに体の上をまたがれる券」といったリターンも用意する。

なお、工事期間中も一部で営業を続ける。

詳しくはhttp://www.zounokuni.com/へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ