観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   九州・沖縄

鹿児島の夏の風物詩、桜島納涼観光船の運航はじまる/鹿児島

19/08/01

鹿児島の夏の風物詩「桜島納涼観光船」の運航が8月1日から始まる。お盆の11-14日を除き31日まで毎夜運航する。

桜島納涼観光船は、桜島フェリーが1978年から毎年運航しているもので、今年で42回目を迎える。毎年、鹿児島市民、県民はもちろん県外や外国人観光客らが乗船、昨年も1万4千人近くが夏の錦江湾クルーズを楽しんだ。

今年は「令和最初の夏を、家族や仲間と最高の思い出に」をキャッチフレーズに、毎年好評の打ち上げ花火を毎夜実施するほか、船上屋台横丁を設けるなど飲食メニューをさらに充実。ホームベーカリーや温泉入浴券などが当たる抽選会、カラオケ大会、マジックやライブなどステージショーといった船内イベントも繰り広げる。

出港は鹿児島港桜島フェリーターミナル19時。20時50分に戻ってくる。乗船料は大人1千円、子ども500円、大人2人までで4人分のファミリー乗船券は2400円。また今年から、2階の畳席は1区画(4人まで)1千円、3階のテーブル席は1区画(同)2千円の追加で利用できる予約席を新設した。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ